1.最新ニュース

2018年6月25日 (月)

6月24日(日)U18リーグ第7節

6月24日(日)U18リーグ第7節が本庄東高校第二グラウンドで行われました。相手は鴻巣高校です。

6月24日(日)13:00 KICK OFF
(本庄東高校第二グラウンド) 晴れ

平成30年度 U-18北部2部リーグ 

第7節 鴻巣高校戦

進修館高校 1 (0-2) 4 鴻巣高校
        (1-2)

前回の深谷高校戦では良い雰囲気で試合に臨めた進修館高校、ここでも勝利を収め波に乗りたいところです。

試合開始7分、左からのクロスが綺麗に通り、GKと1対1の構図をつくる進修館。チャンス到来もここは鴻巣GKナイスセーブ。鴻巣はそこから速攻カウンターを展開し、先制点を奪っていく。苦しい状況が続く進修館、29分には追加点を受け0-2で後半戦へ。

後半開始1分、進修館が攻める!中盤で浮いたボールを制した後、それを起点に一気に鴻巣陣地へ。美しいコーナーキックからヘディングを合わせ、1点を返しました。しかし、後半も攻めの勢いが衰えない鴻巣高校。1点を返された後も怒涛の攻めで2点を追加し、最終スコア1-4で鴻巣高校の勝利となった。

試合には敗れたものの、多くの課題点を発見できたこの一戦、次なる戦いに向け、選手・スタッフどもども練習に励んで参ります。

レフリーのみなさん、鴻巣高校のみなさま、会場校の本庄東高校のみなさま、ありがとうございました。また、会場に足を運んでくださった皆様、ご声援ありがとうございます。

これからも何卒よろしくお願いします。

 

Hp
       皆さまのご声援
    ありがとうございます。

2018年6月17日 (日)

U-18北部2部リーグ 第6節結果

6月17日(日)U18リーグ第6節が進修館高校サッカー場で行われました。相手は深谷高校です。

6月17日(日)10:00 KICK OFF
(進修館高校サッカー場) 曇り

平成30年度 U-18北部2部リーグ 

第6節 深谷高校戦

進修館高校 3 (1-0) 0 深谷高校
        (2-0)

5月の惜敗から1ヶ月半、U-18リーグとしても勝利を飾りたい進修館高校サッカー部。気合を入れてこの一戦に臨みます。

試合開始3分、いきなりゲームが動く。深谷高校の一瞬の隙を突く形で進修館が先制点を奪取。出鼻をくじかれることとなった深谷高校だが、そう簡単には得点を許さずと、じっくりとゲームを組み立てていきます。前半25分前後は、終始深谷が敵陣に攻め込み、進修館としては苦しい時間帯となっていました。何とか猛攻を凌ぎ切って後半戦。チームメイトが互いに声を掛け合い、良いムードで試合を展開できた進修館は、後半終盤に2得点を追加し3-0、そのまま試合終了となりました。

第4節から続いている「チーム全体で動く」意識が、試合の結果に結びついてきた。そんな印象を受ける深谷高校戦となりました。

レフリーのみなさん、深谷高校のみなさま、ありがとうございました。また、会場に足を運んでくださった皆様、ご声援ありがとうございます。

選手、スタッフ一丸となって練習に励んでいきたいと思います。

これからも何卒よろしくお願いします。

 

Hp
       皆さまのご声援
    ありがとうございます。

2018年5月28日 (月)

U-18北部2部リーグ 第4節結果

5月27日(日)U18リーグ第4節が児玉高校サッカー場で行われました。相手は児玉高校です。

5月27日(日)10:00 KICK OFF
(児玉高校サッカー場) 晴れ

平成30年度 U-18北部2部リーグ 

第4節 児玉高校戦

進修館高校 1 (0-0) 2 児玉高校
        (1-2)

最終的には1-2、悔しい結果となりましたが、試合内容としては充実した一戦になったと感じています。今までのどの試合よりも、選手たちが粘り強く考えて動くことができたゲームでした。

レフリーのみなさん、児玉高校のみなさま、ありがとうございました。また、会場に足を運んでくださった皆様、ご声援ありがとうございます。

これからも何卒よろしくお願いします。

 

Hp
       皆さまのご声援
    ありがとうございます。

2018年4月23日 (月)

U-18北部2部リーグ 第3節結果

4月22日(日)U18リーグ第3節がホーム進修館高校サッカー場で行われました。相手は松山高校です。

4月22日(日)10:00 KICK OFF
(進修館高校サッカー場) 晴れ

平成30年度 U-18北部2部リーグ 

第3節 松山高校戦

進修館高校 1 (0-0) 0 松山高校
        (1-0)

レフリーのみなさん、松山高校のみなさま、ありがとうございました。また、会場に足を運んでくださった皆様、ご声援ありがとうございます。

 今後も高校総体等、まだまだ試合が続きます。これからも熱いご声援をよろしくお願いします。

 

Hp
       皆さまのご声援
    ありがとうございます。

2018年3月10日 (土)

卒業おめでとう

本日、3/10(土) 第13回卒業式が行われました。

今年度の卒業生は選手14名マネージャー2名と決して多い部員数ではないものの、大きく進修館の歴史を塗り替えた個の揃った精鋭達でした。

思えば3年前、皆が入学した時のトップチームは、初めて高校総体・選手権と2つの大会で県大会に連続出場するなど進修館サッカー部の歴史を切り拓いた代でした。

そんな時期に進修館サッカー部に飛び込んだ君たちは、入部してすぐにチームとして一つになっていた様に感じます。結果を出す先輩方をを尻目にしっかりと横の繋がりを大切にして自ずと”自分たちも・・・”というオーラがひしひしと伝わって来ました。
そしてそれは直ぐに結果として現れました。U16リーグでは熊谷高校をはじめ強豪ひしめく中、無敗でリーグを制し、見事1部リーグに昇格しました。あの灼熱の”くまぴあ”での熊谷高戦は今でも脳裏に焼き付いています。もしかしたら、あの一戦、あの”ひたむきさ”が後のチームの礎となったのだと感じています。皆、真っ黒に焼けて充実したいい顔してました・・・。

2年になると、これまで進修館サッカー部の歴史を築かれた柳澤先生が転勤されチーム内にポッカリと穴があいてしまったようなそんな雰囲気のスタートだった様に記憶しています。
進修館の歴史を継承するべく手探り状態での新チームの立ち上げ、そして試行錯誤の日々...。
新人戦、高校総体予選での敗退...。結果は出なかったけど本当に全員一生懸命だった。
しかし、そんなチームに光が射した。選手権予選では巻島の左足が冴え見事ノーシードから駆け上がり、代表決定戦では格上の蕨高校を延長の末破り、2年連続選手権決勝トーナメントに進出してみせた。関根の見事な先制ゴール、大堀・荒井・石井・瀧澤の盤石の4バック、池田のファインセーブ、井上の勝ち越しゴール、優磨の勝利を決定づけるゴール・・・どれも鮮烈に脳裏に焼き付いている。勝敗の行方はどちらに転んでもおかしくない見応えのあるこの年のベストゲームでした。

D1
               関根の先制ゴール
D2
                井上の勝ち越しゴール

そして、いよいよ集大成の最高学年。キャプテン山本の『県ベスト8』という大きな目標を掲げチームは始動しました。
それと同時にこれまで”チャレンジャー”であり続けた進修館が初めて味わう”勝負の年”という未経験のプレッシャーとの闘いの始まりでした。
新人戦ではその硬さからかまさかの初戦敗退。しかし皆はそれを糧にして、その冬はとにかく走って鍛えて自分に厳しく向き合う選手が多かった。

優勝を目指して臨んだリーグ戦もなかなか思った様に勝ち点を積み上げる事が出来なかった。しかし苦しみながらもつらい時にチームを救ったのはやはり”勝利”でした。苦しい時でも諦めず全員で凌ぎながらここ一番で誰かが必ずチャンスをものにする。苦しい時の勝利が何度もチームを救い、暗いチーム状況の時も金子の物怖じしない姿勢や松本の屈託のない明るさが次への勇気を与えてくれた。

そんなもがき苦しんだチームがついに真価を発揮する。高校総体北部支部予選。
初戦の北本高校に勝利するとチームの硬さは取れ、これまで見えないプレッシャーに苦しみ続けたチームは躍動した。
深谷第一、東農大三と格上のチームに連日の延長・PKの接戦で連勝。この予選では山本のキャプテンシーと佐藤の勝負強さがチームを牽引した。また、深谷第一戦では男鹿谷が無失点で進修館ゴールに鍵をかけた。
また東農大三戦では何度もリードされながらも延長後半2-3の状況残り時間は30秒。最後のワンプレーで小島の正確なクロスからの大堀の値千金の同点ゴールは鳥肌が立ったのを覚えている。この苦しい地区予選を制し自分たちの代で念願の県大会出場を掴みとった。
(優磨、湧巳、巻島、小島は練習後、本当に夜遅くまでボールを蹴ってました)

Photo_4
         厳しい北部支部予選を制し県大会出場を決めて

ここからは進修館の新たな歴史である県大会初勝利!そして山本が目標に掲げた高みを目指す。
すると、初戦の市立川口をPKの末破り進修館の新たな歴史を刻む。更に翌日の朝霞西戦ではその勢いは衰えずチーム全体でしっかりと組み合った試合展開から途中出場の志田が冷静にゴールを奪い県ベスト16を決める。
ついに山本の目標まであと一つと迫った。誰もが夢の舞台だと感じていたその目標にあと一つの所まで上り詰めた。そしてその舞台に立てる喜びを感じながら迎える相手は全国優勝経験もある名門武南。敗れはしたもののチームは自分たちの力を出し切った充実感と少しばかりの悔しさに包まれていた。
その後の選手権でも3年連続となる決勝トーナメントに進出するなどすべての学年で実に5度の県大会出場を果たした。
また、これだけの多くの大会で戦えたのも陰日なたとなって支えていた久保・似鳥・福島3名のマネージャーの存在も大きかった。

Pta
    ベスト8をかけた武南戦 こんな舞台はチームとしても初の経験
Photo_5
    多くのOBや保護者、学校関係者の皆様も応援に駆けつけてくださいました

皆が入学する数年前までは、一度も県大会に出場できなかった進修館サッカー部は、皆が駆け抜けた3年間で県ベスト16に進出するまでに成長することができました。

皆が私たちの心に残してくれた姿や記憶を胸に、進修館高校サッカー部の伝統を更に受け継いで行ける様、頑張りたいと思います。

そして、この3年間で私が皆から教えてもらったこと...
それは『受け身にならず、常にチャレンジし続けること!』です。

この先皆も苦しい事は必ずあります。しかしこの経験を思い出して欲しいと思います。きっと出来るはず。力強く乗り越えて行けるはず。

そして今後はOBとして進修館サッカー部のご声援よろしくお願いします。

卒業後は大学進学や就職、専門学校など道は違いますが”進修館サッカー部”という絆はいつまでも変わりません。

これからも皆がサッカーを通じて得た素晴らしい体験を多くの人に話し、伝えて行って下さい。

最後に、これまで皆を支えてくださった保護者の方々や学校の先生方、先輩、後輩、そして熱意を持って接してくださった柳澤前監督や根本トレーナにも感謝の気持ちを忘れないでください。
3年生諸君、本当におめでとう!
そして心から感謝します。 ありがとう。

Photo_2
                           第13回 進修館サッカー部卒業生
Photo_3
                           部員全員で記念写真


最後に保護者の皆様におかれましても進修館サッカー部に多大なるお力添えをいただきまして本当にありがとうございました。
この場をお借りしまして心より感謝申し上げます。

2017年9月29日 (金)

【試合開始時間 再度訂正】選手権2次予選一回戦の時程について

埼玉県高校サッカー選手権大会2次予選
試合開始時間変更について



度重なる変更ですが、この時間が最終決定となります。
宜しくお願い致します。

12:00 KICK OFF 〈川越東高校グラウンド〉

進修館高校 対 川越東高校


※なお、会場には観戦の方の駐車場は確保されておりません。
  公共交通機関等を利用してお越し下さい。
  会場校及び、近隣住民の方々のご迷惑にならぬ様ご理解・ご協力の程
  宜しくお願い致します。

フォト

2017年9月10日 (日)

2017選手権決勝トーナメント応援ポスター製作!

『2017選手権決勝トーナメント応援ポスター』を制作しました


選手権の組み合わせも決定し、いよいよ選手権の熱い戦いが始まろうとしております。

そこで、今大会も進修館高校サッカー部が高校総体の勢いそのままに活躍する事を祈って製作しました。

多くのみなさま、『進修館サッカー部』のご声援よろしくお願いいたします。

2017

2017年8月24日 (木)

選手権1次予選、栄北高校に勝利!!

本日、選手権一次予選二回戦がホーム進修館高校で行われました。
高校総体の結果、初戦はシードとなった進修館高校サッカー部は、本日が初戦です。相手は初戦で三郷工業技術高校に3-2で勝った栄北高校です。たくさんの本校OBや保護者が応援に駆けつけて下さり、なんとしてでも勝ちたい一戦です。


◆8月24日(木)10:30 KICK OFF

 (進修館高校グラウンド) 晴れ

平成29年度 高校サッカー選手権大会1次予選 2回戦

進修館高校 2 (0-0) 0 栄北高校
        (2-0)
   

 序盤は、初戦の緊張から慎重な立ち上がりとなり、お互いにボールが落ち着かない。その中でも選手間で声を掛け合い、積極的にゴールに迫ろうと試みる。しかし、栄北高校もしっかりと人数をかけて固い守備を見せる。前半はなかなか見せ場を作ることができず、0-0で終える。

後半開始と同時に選手交代をし、流れを掴み始める。そして、後半15分にGKのロングフィードを繋ぎゴールを決める。さらに、その1分後には、スローインのチャンスから素早いリスタートをし、それに抜け出し、追加点をあげる。

 その後、互いにゴールを目指すもお互いの守備陣が体を張り、2-0で試合終了。進修館高校は1次予選代表決定戦に駒を進めた。

 次戦は8月27日(日)にホーム進修館高校サッカーグラウンドで児玉高校と2次予選出場をかけて対戦します。皆さん、ご声援よろしくお願いします。

Photo

Photo_6

Photo

Hp
       皆さまのご声援
    ありがとうございます。


8月27日も暑くなることが予想されます。体調を崩さないよう、適度な水分補給を取るようにしてください。また来校する際には公共交通機関をご利用くださるようご協力お願いします。

2017年7月19日 (水)

夏休みの日程

休みの活動日程をアップいたします。

夏季休業中はカップ戦や合宿等も予定されています。
一日一日、一戦一戦が、選手権へと繋がります。

皆様のご声援宜しくお願い致します。

H29_natu




※都合により日程が変更になることもあります。あらかじめご了承ください。

進修館サッカー部夏休み日程  → 「h29natsunittei.pdf」をダウンロード

2017年7月10日 (月)

U-16 第2節 寄居城北高校と対戦

7月8日(土)、U16リーグ第2節が寄居城北高校で行われました。
先週から開幕したU16リーグ。初戦はU18リーグでも対戦経験のある桶川高校でした。試合は2点を先制したものの、後半相手の圧力に押し込まれる場面も増え、2-2の引き分けで終わりました。今節は初戦白星発進の寄居城北高校との対戦です。1部昇格のためには勝ちたい1戦です。

7月8日(土)10:00 KICK OFF
(寄居城北高校) 晴れ

平成29年度 U-16北部2部リーグ 

第2節 寄居城北戦

進修館高校 1 (1-1) 1 寄居城北高校
        (0-0)

 序盤は丁寧にパスを繋ごうとするも、寄居城北高校の統制のとれた組織的な守備の前になかなか繋ぐことができない。さらに相手のスピードに乗った攻撃に手を焼く場面も多く、なかなかリズムにのることができない。そして、前半20分にはクリアボールの処理が甘く、相手にミドルシュートを決められてしまう。

 その後、1点を返すため、より攻撃に意識を高めた進修館高校。すると、後半30分過ぎにMF浅見が遠くから思い切りの良いミドルシュートを放ち、そのシュートがゴールが吸い込まれ同点とする。その後、試合は一進一退の攻防の中、前半を終える。

 後半開始から、GK荒井、DF福田、ファブリシオ、MF峯川、FW栗原を同時に投入し、勝負に出る。より運動量多くなった進修館高校は徐々にボールが回りはじめ、攻撃のリズムが出始める。MF山科からのスルーパスに反応したMF峯川のシュートはキーパーに阻まれる。さらに後半終了間際には右サイドを突破したMF川端の鋭いクロスにMF山科が頭で合わせるも、シュートはゴール左に外れてしまう。そのまま試合は1-1のまま終了。非常に暑い中、両チーム熱い戦いを終えた。

 レフリーのみなさん、寄居城北高校のみなさま、ありがとうございました。

 また、会場に足を運んでくださった皆様、ご声援ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

 次節は7月16日(日)、ホーム進修館高校で現在1位の本庄東高校と対戦します。次節も多くの皆さまのご声援よろしくお願いします。また応援の際には、非常に暑くなっておりますので、適切な水分補給にお気を付けください。

U16_2


U16_2_2




Hp
       皆さまのご声援
    ありがとうございます。

より以前の記事一覧