8.U-16リーグ

2017年7月10日 (月)

U-16 第2節 寄居城北高校と対戦

7月8日(土)、U16リーグ第2節が寄居城北高校で行われました。
先週から開幕したU16リーグ。初戦はU18リーグでも対戦経験のある桶川高校でした。試合は2点を先制したものの、後半相手の圧力に押し込まれる場面も増え、2-2の引き分けで終わりました。今節は初戦白星発進の寄居城北高校との対戦です。1部昇格のためには勝ちたい1戦です。

7月8日(土)10:00 KICK OFF
(寄居城北高校) 晴れ

平成29年度 U-16北部2部リーグ 

第2節 寄居城北戦

進修館高校 1 (1-1) 1 寄居城北高校
        (0-0)

 序盤は丁寧にパスを繋ごうとするも、寄居城北高校の統制のとれた組織的な守備の前になかなか繋ぐことができない。さらに相手のスピードに乗った攻撃に手を焼く場面も多く、なかなかリズムにのることができない。そして、前半20分にはクリアボールの処理が甘く、相手にミドルシュートを決められてしまう。

 その後、1点を返すため、より攻撃に意識を高めた進修館高校。すると、後半30分過ぎにMF浅見が遠くから思い切りの良いミドルシュートを放ち、そのシュートがゴールが吸い込まれ同点とする。その後、試合は一進一退の攻防の中、前半を終える。

 後半開始から、GK荒井、DF福田、ファブリシオ、MF峯川、FW栗原を同時に投入し、勝負に出る。より運動量多くなった進修館高校は徐々にボールが回りはじめ、攻撃のリズムが出始める。MF山科からのスルーパスに反応したMF峯川のシュートはキーパーに阻まれる。さらに後半終了間際には右サイドを突破したMF川端の鋭いクロスにMF山科が頭で合わせるも、シュートはゴール左に外れてしまう。そのまま試合は1-1のまま終了。非常に暑い中、両チーム熱い戦いを終えた。

 レフリーのみなさん、寄居城北高校のみなさま、ありがとうございました。

 また、会場に足を運んでくださった皆様、ご声援ありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。

 次節は7月16日(日)、ホーム進修館高校で現在1位の本庄東高校と対戦します。次節も多くの皆さまのご声援よろしくお願いします。また応援の際には、非常に暑くなっておりますので、適切な水分補給にお気を付けください。

U16_2


U16_2_2




Hp
       皆さまのご声援
    ありがとうございます。

2016年7月26日 (火)

U16リーグ3節 熊谷高校戦の結果

先日、U16リーグ第3節 熊谷戦がホームで行われました。


7月20日(水)14:00 KICK OFF
(進修館高校グランド)

平成28年度 U-16北部1部リーグ 

第3節 熊谷戦

進修館高校 0 (0-2) 6 熊谷高校
        (0-4)

                      

第3節の相手は熊谷高校との一戦です。
熱い中での試合でした。そして終わってみれば点差のついてしまったゲームとなりました。

しかし、敗戦から学ぶことは大いにあります。また試合中もお互いに簡単な場面でのミスもたくさんありました。

また試合終盤、ある生徒の「1点返そう!」という声掛けにこの一年生の可能性を感じました。常に前向き!こういう選手は成長します。

まだまだ1年生。この夏を乗り越えて一日一日たくましく成長してくれることを祈りたいと思います。

27(水)には、熊谷工業高校との一戦が控えています。1年生のU16リーグ引き続きご声援宜しくお願い致します。

レフリーのみなさん、熊谷高校のみなさま、ありがとうございました。

2016年7月17日 (日)

U16リーグ2節 松山高校戦の結果

本日、U16リーグ第2節 松山戦が東農大三会場で行われました。


7月17日(日)14:30 KICK OFF
(東農大三高校グランド)

平成28年度 U-16北部1部リーグ 

第2節 松山戦

進修館高校 1 (0-1) 3 松山高校
        (1-2)

                      

1年生もU16リーグを頑張っています。

第2節の相手は松山高校との一戦です。
試合は前半、松山相手に対等に組み合い一進一退の攻防が続く。しかしCKのセットプレーからのこぼれ球を押し込まれ先制点を奪われる。

迎えた後半、進修館も意地を見せFW田中が右サイドからのFKをワントラップで相手を置き去りにし豪快に松山ゴールに突き刺す。
しかし松山の必至の反撃に進修館DF陣も懸命に耐えるが、勢いを抑えきることが出来ず2失点を喫しタイムアップ。

20(水)には、熊谷高校との一戦が控えています。1年生のU16リーグもご声援宜しくお願い致します。

レフリーのみなさん、松山高校のみなさま、ありがとうございました。